浪費家はSNSでガンガン発信して見ている側に希望を与え、ついでにお小遣いを貰おう

僕の知り合いで、かなりの浪費家がいます。フェイスブックで繋がっているんですが、その浪費家たるや、目をみはるものがあるんです。僕はここ最近フェイスブックは「見る専門」で、もはや見るのも2、3日に1回というペースにまで落ち込んでいました。

見なくなった理由は、周りの友人みんな投稿していないのでつまらないから。

僕自身ブログとツイッターで手一杯なので、フェイスブックはまったく投稿していなけど、友人達はおそらく飽きたからなんでしょう。

そんな感じで段々見る回数が減ってきたんですが、最近面白い「浪費家」と繋がる事ができたんです。それは前会社の上司。この人の投稿が本当に面白いし、何より思ったのは「浪費家はSNSをするべき」です。今回はその理由について説明したいと思います。

自分も買った気になり、見ていて楽しい

何が面白いって、やっぱりその購買欲ですよね。やってる事は極単純で、欲しいと思うものはすぐに買い、外食も家族でよくする。そしてすぐSNSですぐ発信。こんなシンプルな事ですが見ていて楽しい。理由はやっぱりお金を使うという所が見れて楽しいんです。

個人的に思うのは、人は「お金を使う人が好き」ですね。

こんなソファーを買ってみた。車を買ってみた。カーテン、おもちゃ、テレビゲーム、お酒を買ってみた。

今日は地元で有名な寿司屋に来てみた。ファミレス、蕎麦屋、イタリアンレストランに来てみた。

2日に1回程度の更新ですが、大抵何かを買った、食べたという投稿なんです。

お金を使う人は希望を与える

僕もそうですが、お金の制限を受けてる人って知らない内にストレスが溜まるんです。「あれが欲しいけど今はまだ買えない・・・」という人が世の中わんさかといます。購買欲や物欲って言葉があるように、人は少なからず「お金を使わないとストレスが溜まる生き物」だと思います。

でも現実はお小遣い制で、自販機すら迷うレベル。そんな人を助けるのが、浪費家さん達のSNSなんです。

その投稿を見ているだけで自分も買った気になる。だから我慢している物欲がほんの少し弱まるんですよ。

浪費家さんはSNSを使って自分の買ったものを紹介するだけで、見ず知らずの人達を助ける事ができる。もちろん微力ですが、塵も積もればなんとやらで、どうせ浪費するんだったらSNSに乗っけて、ついでに人助けすれば良いじゃないですか。

アフィリエイトという道もある

SNSならアフィリエイトという手段がある。自分が買って良かったものを広告として貼って、投稿を見た人がその広告から買った場合、自らにマージンが入る仕組みです。

当たれば月100万も夢じゃないこのシステム。色々な物を買う人こそやった方が良いと思うんです。だって使ってるんだから実際の使用感もか書けるじゃないですか。変な商品なら紹介せず、良かったものだけ紹介する。それでお小遣いが入るんだから。

ただでさえ、浪費する事で見た人のストレスを減らし、希望を与えてるんだからお金も貰いましょう。

浪費家はSNSでガンガン発信して見ている側に希望を与え、ついでにお小遣いを貰おうを総括

という事で浪費家がSNSを使った方が良い理由を3つ書きました。僕的にはSNSではなく、ブログで事細かく書いて欲しいんだけど、きっとそれは難しいんでしょうね。

短文だからこそ歯切れもよく、気楽に呟ける。それを毎回1000~1500文字位書かなきゃいけないってなればまた別の筋力が必要になります。

僕はSNSで発信するのが下手くそだと思っています。上手い人って画像と言葉のマッチングが良いのか、やたら短文でも面白い。僕も何か発信しようとTwitterでチャレンジするんですが、なんかうすら寒いんですよね・・・。

まずはSNSを利用する所から始めましょう。発信しているうちに思わぬ事が起きるかもしれません。とにかく浪費家さんは今からすぐにでも始めるべきですよ。

関連記事:SNSを使い、発信する事に慣れておくと2つの恩恵が得れる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする