上司の話を聞きながら、裏で舌を出して僕は上司を馬鹿にしています。

      スポンサーリンク




     

年下の班長に注意されました。勤務態度がなっていないだの、仕事の段取りが悪いだのなんだの。

もっと上の人間があいつを出世させようと考え、出世させた人間。ただそれだけの事なのに、任命された班長は年齢も上かのような言い方や、命令にも似た指示。多少の権力でも持てば人間変わるもんです。

もちろん班長も上からの命令で、仕事上仕方なく注意しているって事もあります。でもそんな謙虚な班長なら言い方ももっとソフトなはず。

今回は良識のない上司に対して僕たちが出来る事はないか、考えたいと思います。

   スポンサーリンク

言われっ放しで黙るの?と思っていたけど・・・

もし僕なら、自分が何も悪くなく怒られたなら遠慮なく言い返します。

ですが僕の職場では、言われるがまま怒られる人もいます。もう反発する事を諦めたのか、反発する力がないのか、それ自体が面倒なのか分かりませんが、とにかく言われた言葉をそのまま受け入れている様子。

その人に対して僕が思う事は特にありません。僕の同僚が言っていた言葉ですが、あんまり怒られ続けると言い返そうとすると、唇が震え上手く喋れなくなる。体がその人に対して拒絶的になっているのか、そうした反応が出るのでもう反論する気にもならないよう。

だから、人それそれ。「言われっ放しで黙るのかよ」って僕も昔は思っていましたが、今は思いません。僕も人の事所でなく、自分のポジションや心を守るので精一杯だから。

理不尽な内容で怒られたなら、裏で舌を出してやろう

もう反論する気もないし、戦う気も無い。相手はめちゃくちゃな事を言っているけど、それに対しても「はい」と答えるしかない。

白旗を上げているのに、それでも手を休める事なく攻め続ける様は、戦国時代より過酷だと思いませんか?

そうは行っても生きてくしない。働いていくしかないんです。

そんな時は怒鳴っている上司をよそに、裏で舌を出してやりましょう。

「このバカヤロー、部下にしか言いたい事が言えない根性なしのくせに」

「お前が無能だから生産性が落ちてるんだろ?さっさと降格しちまえ」

言葉は悪いですが、何でもかんでも思った事を投げつけてやるんです。そうやって頭を「上司の悪口で埋める事」で相手の言葉が入って来ないし、一石二鳥です。

どうせそいつは怒る事でストレスを発散しているだけなんだから、聞いてたって聞いてなくたってまた捕まえて、説教してくるに決まっているんだから。

上司の話を聞きながら、裏で舌を出して僕は上司を馬鹿にしています。を総括

この記事を書いた理由はあくまで2つ。1つは一方的に怒られる立場の弱い人も、裏では抵抗しようって事と。

ストレス解消感覚ですぐ怒鳴る馬鹿上司に向けて書いているんです。むしろそっちが本命かも。

あなたが見下して怒っているその部下は、今あなたが怒鳴っている間、裏では思いっ切り舌を出して軽蔑していますよって事。

※管理人むらたけが勧める職種はもちろん製造・工場のお仕事を探すなら【工場WORKS】
 

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事