同僚と飲みにケーション!職場にも、気の合う仲間は1人位いるはず

 

金曜の夜は居酒屋でサラリーマンが管を撒いています。人間関係にイライラ、安月給にイライラ。そんな会社の愚痴ばかりの飲み会に参加する理由、意味はあるのか考えてみたいと思います。

 

会社に対する不平不満

 

給料も地位も、全てに満足している人間なんて一握り。その一握りの人間だって一生を満足して生きる事は難しいですよね。不平不満はどんな人にだってある訳で、やっぱりそれを吐き出す場は、昔も今も酒場でしょう。

 

でもそんな場所で毒を吐き出すと、翌日二日酔いも手伝って凄く嫌な気分になるんです。なのでその内そういう場に行くのが少しずつ嫌になりました。吐き出している時は気持ちが良いんですが、その反発ってのが強く出るんですよね。

 

忘年会や新入社員の歓迎会なんかは参戦しますが、他のはパスしていました。過去に会社の飲み会に参加しようなんて記事を書いていた僕ですが、まぁ色々あるもので。

 

飲みニケーションとは?いつか死語に・・・

 

ずっと飲みの誘いを断ってきた僕ですが、気の合う人が出来てきます。人見知りな性格ですが、人との付き合いを拒絶している訳じゃなく、話ていてハマる人ってのがいなくて、でも出てくるものなんです。

 

小中高と学校で友人が一人も居なかったなんて人いないですよね。いずれこちらが求めていなくても現れます。それはもう必然的にね。すると、必要無いと思っていた会社内の友人も、休憩時間や空いた時間に話をする内に心を開いていき、会社で作る友人も悪くないななんて思っていきます。

 

そうなると、飲みニケーションが発生するのも自然な流れでしょう。飲みニケーションとは、飲みとコミニケーションが合わさった造語です。何年かしたら死語になりそうな雰囲気満点ですが、そうなればこの記事は黒歴史として闇に葬り去ります。

 

意識高い系の奴との酒

 

今まで会社の飲み会が苦手だった僕の、その理由としては温度差です。仕事に対してやたら熱意のある人間ていますよね。僕は相手によってある程度合わせますが、それでもやる気丸出しの人間て大嫌いなんです。そういう意識高い系の人間は大抵人の事を馬鹿にする発言をつまみに酒を飲み進める。

 

「あいつは動きが遅い」「仕事ってものをわかってない」

 

意識が高いからやる気の無い人間を見下したりして、否定を重ねるんです。

 

僕もこういう種類の人間に攻撃された記憶があります。ある休憩時間の一コマ。新しい仕事を始めたばかりで、疲れた顔を僕がしていたのか話掛けてきました。

 

仕事どうだ?と聞いてきたので、中々大変です。目を離すと停止してしまうんで気を張ります。と答えた訳ですよ。すると、仕事中なんだから目を離さないなんて当たり前でしょ?

 

はいはい、どうぞそのままの意識で社長にでもなって下さい。と言わなかったのは当り前の選択です。

 

意識低い系とのお酒

 

意識低い系はもうそのまんま僕の事。だからこのタイプは話は合いますが、もうボロクソに言う人は勘弁してもらいたい所です。一応家族がご飯を食べれているのは会社のお陰ってのもちょっとはあるので、感謝の気持ちはまぁまぁあります。

 

仕事に対する批判も、それなりの明るさと内容で会社をけなす。このレベルがベストなのかなって感じ。

 

同僚と1対1で飲みニケーション

 

波長も合う同僚との飲みニケーション。プライベートな話はそこまでしていなくて、共通の話題を探ってもあるとしたらお酒が好きって位なので、話題は会社の話です。あの上司はパワハラが凄いだの、新入社員でとんでもなく仕事出来るのが入って来ただの、話題には事欠きません。

 

お互いがお互いの部署の嫌な事を順々に話して行きます。あくまで酒のつまみ的な感じで、決して深刻な面持ちで話している訳じゃありません。

 

同僚は別として、プライベートで僕は仕事の愚痴をほとんど話しません。友人にも家族にも。理由として1から話さなければこちらの意図が伝わらないからで、そこから話すのが面倒だからです。例えば嫌な上司がいたとして、どういうタイプの人間で日頃どんな言葉を使って話してくるのか。そういう背景をわかってもらっていない状態だと、誤解が生まれるじゃないですか。だから面倒なんで話さないんです。

 

気の合う人間とならストレスは抜ける

 

友人や家族に会社の話はせずに過ごしてきましたが、同僚との飲み場で愚痴った所、思ったより気持ちが楽になりました。口に出すのと出さないとではストレスの抜け方も変わるんです。

 

同僚なら説明なんてしなくたって仕事を理解している、愚痴を言ってもわかってもらえる。これって飲みニケーションの最大の活用法、仕事のガス抜きとして最適。

 

僕の様に仕事外の人間には説明するのも疲れるからと言って、話さない人。憂さ晴らしをせずに会社で働き続けるには会社生活は長いでしょ?気の合う同僚が見付かったなら、1度僕の言ったように飲みニケーションを行ってみてはどうでしょう。

 

同僚と飲みにケーション!職場にも、気の合う仲間は1人位いるはずのまとめ

 

1、会社に対する文句はあるけど、別に誰かに話す事じゃ無かった

 

2、飲み会は嫌い。意識高い系や低い系、それに合わせるなんて面倒

 

3、でもふと現れる気の合う仲間。会社の話は実にスムーズに進む

 

4、飲みにケーションでストレス発散

 

今回は人見知りな僕が、同僚との飲みにケーションで得たストレス解消法を書きました。元々否定的な社内との飲みが、意外と良い方向に進んだので記事にしてみました。みなさんも1度試してみてはどうでしょうか。

 

関連記事:一人で居酒屋に!思っていたより難易度低めだった件。