心療内科再訪。医者に僕が求めていた言葉とは

      スポンサーリンク




     

前回の「7ヵ月抑えられたパニック障害が再発したのは・・・」の続きとなります。

   スポンサーリンク

心療内科へ再訪

とにかく病院に行かなければなりません。調子が良くなったお陰でしばらく飲まずにいられた薬も、最近また増えて減ってきたし、何より聞きたい事があります。ずばり「僕が次の職場で働けると思うか?」です。

病院を予約する為に電話をすると、「前回からだいぶ空いてますが、どこか他の病院にかかられましたか?」と聞かれました。もちろんどこも行ってないんですが、そんな事聞く病院は初めてです。心療内科は特別なんでしょうかね。

7ヶ月振りに訪問しました。診てくれる先生は前回「心療内科に初来院」で書いた先生と同じ人。

担当医の反応

「久しぶりですね。前回来たのは7ヶ月前ですね。2週間分の薬でこれだけ持つなら、上手く付き合えているんですかね」

「いやしばらくは調子良くて、余程の時以外は平気だったんですけど、最近飲む機会が増えてきちゃって」

「最近何かあったんですか?」

僕は職場が変わる事、その事への不満と、移った職場の環境を伝えました。生活のリズムが変わる事と何より職場の暑さを話しました。

「職場がかなり暑い所で、異動が決まってから何度かその場所に行ってみたんですが、少しいるだけでフラフラするんです」

「暑い所は確かに影響しやすいかもしれません。暑さは密室や息苦しさを連想しますから」

「ですよね。どうしたら良いんでしょう」

「慣れるしかないんじゃないでしょうか。例えばサウナのようだと考え、サウナ部屋を出た時と同じように、仕事が終わった時の解放感を楽しむとか。いやすいません、僕がサウナ好きなものでこんな例えになって」

僕はこの時気付いてしまいました。僕が病院に来た理由、待っている言葉を。

心の弱い部分

僕は病院に来て、どこかで医者に「それは止めた方が良い。私が診断書を書いてあげるから上司に見せなさい」と言われるのを待っていたんです。だから異動を肯定的に捉え、次の職場の話を進める医者に苛立ちを抱きました。

「止めなくて良いの?また再発しちゃうじゃんか」「医者でしょ?むざむざ悪化するような環境なのに頑張れって言うの?」

一度は異動の話を飲んだ自分なのに、いまだ第三者に救ってもらおうと思っている自分を情けなく感じました。

薬の用法要領

「とにかくあまり発作が起きない方が良い。1度起きると起きやすくなるのは知っていると思います。あ、ヤバいな!ってなる前に上手く薬を使って下さい」

「でも先生どうやって使えば良いんでしょうか。常に仕事中もポケットなんかに入れておくって事でしょうか」

「それもそうなんですが、今あなたは正直異動で参っていますよね。異動した後より今現在を気を付けた方が良いと思います」

「今ですか?」

「未知の場所に行く事へのストレスが掛かっていると思うんですよね。私的には行ってしまえば何とかなると思うんですが、行く前は色々と余計な事を想像してしまいます。だから今を気を付けて下さい」

「なるほど・・・。じゃ薬とかも毎朝飲んでも平気ですかね。今会社に行くまで体が重くて」

「いつも薬を飲んでいると、その効果を感じられず強い薬を飲むようになってしまうのは割りと多いんで、そこは気を付けた方がいいんですが、異動までの間、気持ちが落ちてしまうなら全然構いません」

性格の良し悪し

病院を出た後色々と考えました。薬は1ヶ月分朝、夜と貰いました。今飲んでる薬には助けられたし、きっとこれがあれば発作的なものが起きる事はないと思います。でもそれは完全に0では無くて、僕は1度なってしまったという記憶があるんで、常に警戒していないといけないんです。

先生は「あなたは人が考えなくても良い所まで考えてしまう」と言っていました。それは確かにそう。でも性格だからそう言われたって治せる訳ではないんです。だから「考え過ぎる性格をマイナスな意味で捉えない方が良い」と言ってました。「普通の人がミスする所を、あなたはミスしない」と。

こんな訳のわからない病気になって、自分の性格を恨んだりもしたものですが、それは「良い性格でもある」と考えると、心は軽くなるんでしょうか。いやよくわからないし、そう思えない。

ただいい大人が第3者に助けてもらおうと思った僕の心は事実でして、もう3児の父なのにと思い、また自分を嫌いになりました。でもそれはちゃんと自分と向き合ってるからこそ、認められた所でもある訳だから、卑怯ではないのかもしれません。

出世しないという言葉で自分を助ける

とにかく出世しない生き方が僕の生き方。何かあったら異動してもらえば良いし、誰に陰口を叩かれたっていい。自分だけは自分の味方でいないと駄目。

実際は異動してくれなんて言いにくいし、陰口を叩かれてへっちゃらではいられないと思うんです。あくまで「気にしないでいよう」という決意でそう思い込んでるんです。出世しない生き方は僕の仕事観ですが、そういう意味では自分への精神的負担を減らす為に、本能的に目指している生き方なのかもしれません。

まぁとにかく新しい職場まで後1週間。それまで心穏やかに過ごそうと思います。

※管理人むらたけが勧める職種はもちろん製造・工場のお仕事を探すなら【工場WORKS】
 

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事